Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽさんぽ

【育児日誌 10/19】


新型、季節性両方のインフルエンザが怖すぎて
極力人が集まるようなところへ行くのを避けています。
おもちゃいっぱいで子ども達が大好きな児童館もガマン。
気候もいいので毎日のように双子ベビーカーで公園に行っています。
しょうたろはどこまででもテクテク歩いていけるようになったので
ベビーカーから降ろすと満面の笑みでドタドタとどこかへ行ってしまい、
まだ歩けないコトコをベンチにつかまって立たせておき、
ひたすらしょうたろを追い掛け回しています。
これでコトコが歩けるようになったら…どうするんだろう私。


写真はいつもいく公園ではなく
新幹線の三河安城駅にある広場です。
新幹線(※こだまに限る)でここをお通りの際は
ドタドタ歩く男児とひとところで小石をかじる女児が遊んでいないか
ぜひ窓から下をのぞいてみてください

CA3A0517-0001.jpg

091018_1600~0006


そんなこんなで先日も双子ベビーカーを押して歩いていると
前方からニコニコ顔で近づいてくる初老のご婦人あり。
子ども好きな人なのね、と思っていると案の定「双子ちゃん?」と
声をかけられました。よくあるパターンです。

が、このご婦人についてはいつもと訳が違った。
「私にも男女の双子の子どもがいるのよ」とな。
「あら!そうなんですか!」
「ええ!でももう40歳ですけどね」
私の知る双子ママの中では最年長のお子さんっす!
「本当に男女の双子っていいもんよ、
歳は一緒なのに、妹の方がお兄ちゃんお兄ちゃん、なんていって
頼っちゃったりしてね。見ていて可愛いもんよぅ!
がんばってね!」と先人からありがたいエールをいただきました。

さらにその後公園内をテクテク歩いていると、
この公園ではよく見られるウォーキング中の中年男性が
私たちを追い抜いていく際、突然くるっと振り返って
「双子さんかね?」と。
「市の子育て支援は何か受けているかね?」
「いいえ、特に」
「それなら何か受けなさい。一人では大変でしょう」
そう言い残すと振り返りもせずテクテクと遠ざかっていきました。
クール親切。
ありがとう。


本当に道を歩いているといろんな人から声をかけられ、
私の育児エネルギーになっています。
これも田舎ならではのことなのかなあ。


Appendix

お願い

37歳、愛知県在住。 仕事と育児に関する記録をつけています。 4歳の双子と1歳、3児の母です。

ゆき

Author:ゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。