Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある秋の一日

昨日は双子サークルのみんなで市の総合運動公園へ。
総勢9組の双子がわらわらと遊ぶ様、見てるだけで楽しい。
そこへサークルとは関係のない新たな双子ちゃんが2組。
もうどれがどれだか実の親でも意味不明。
うちの2人も気づけば8人で横一列になって手をつなぎ
公園内を闊歩していたり、ごっこ遊びをしていたり。
3歳児ってそれまでの一人遊びや親との遊びに加えて
他のお友達と遊ぶことの猛烈な楽しさを知るお年頃。
そしてそれを見守ることの幸せ。
ああ、どんどん世界を広げていっておくれ!

それにしても女子のかしましいこと。
たまたま女子率が高く男子はしょうたろ含め2人だけ。
かしまし娘達に
「しょうたろ!」「しょうたろ!」とあれこれ命令され、ダメだしされ、
しまいには「おとこのこはいれてあげない!」とは。
たじたじのしょうたろに
しょうたろ、怒れ!負けるでない!と心の中で応援するも、
よく見りゃその娘軍団にちゃっかりコトコ、入っとるがな!
先頭切ってしょうたろに命令しとるがな!
おまいはどっちの味方かー!(笑)

そんな中、ひとりの女の子が急に激しく泣き出した。
聞けば大きなカマキリがいて怖いと。
それを聞いて他の女子達も半ばおもしろがりながら「キャーーーッ!」なんて
金切り声をあげて慌て出した。
そこへ意気揚々と名乗りをあげ面目躍如とばかりにカマキリをつかみ
ほれ!っと皆に見せつけるしょうたろ。
そうそう、男子の本懐だよね、こんなシーン。
いつもハエの死骸やゴキブリの死骸(!)までも愛でてるもんね。
カマキリなんか怖くないぜ!皆なにこわがってんのさ!俺、男だもんねっ!

鼻の穴いつもの倍は広がってました。

芝生でお弁当食べてたら、隣のグラウンドで開かれていたゲートボール?大会に
出場のおじじおばばちゃん達もシートを敷いて一休み中。
老いらくの何とも言えない和やかな雰囲気、何話してるんだろうと
何気なく耳を傾けると

爺1「○○さんは最近どうしとる」
爺2「死んだわ」
爺1「いつ死んだ」
爺2「去年死んだ」
爺1「ほう、そうか」


知り合いの死について1ミリの感情の揺れも伴わない語り合い(笑)。
ギャーギャーうるさい双子達のキラキラした生命力に全然負けてない、
達観した先にいる彼らの強さよ、、、


秋は本当に足早に過ぎてしまうものだけど、
冬が来るまでにできるだけいっぱい子ども達を外に連れ出そう。

Appendix

お願い

37歳、愛知県在住。 仕事と育児に関する記録をつけています。 4歳の双子と1歳、3児の母です。

ゆき

Author:ゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。