Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎病 11日目~16日目

6月4日(月)【11日目】

夜中も40度台の熱で何度か起きてしまったしょうたろ、
しかしながら朝は37度ジャスト。あれれれれ~?
ただ、目が少し充血していることもあり、コトコに続いて
川崎病だと大変と朝からかかりつけ医に連れていく。

1時間以上の待ち時間中に熱を測ると36.6度。
あらら。すっかり元気じゃないか。
同い年ぐらいの男の子と一緒に待合室のパズルして盛り上がってるし。
先生に兄弟が川崎病で、、と話すと顔色を変えていろいろ診てくれたが、
「川崎病の所見は今のところゼロ!」とお墨付きをもらう。良かった。

川崎病はまだ原因が解明されていない比較的歴史の浅い病気で、
感染する類いのものではない、とは言われているけれど
断定はできないそう。
現に川崎病が地域的に流行したこともあるらしいから、
一応しょうたろの今後の症状にも気を配っておいてと言われる。


一方コトコは、この日血液検査でめでたく正常値にまで回復!!
心臓のエコーもしてもらったが、心配していた動脈瘤はできていないとのことで
本当に、心の底からほっとする。
エコー中、私の心臓がドキドキでやられそうだった。
24時間つけていた点滴がはずれ、アスピリンの服薬も一日3回から1回へ。


6月6日(水)【13日目】

今日は入院以来初めてのシャンプー。まだシャワーを浴びることは
できないので、看護師さんに髪の毛だけ洗ってもらう。
毎日痛みで泣いてはそのたびにぐっしょり汗をかいていたので、
もう、正直、ほんとに、ツーーーーン、とやばい匂いしてたんだよ、髪。


2012060414060000.jpg
つまんないよーー

2012060414020001.jpg
仕方ないから入院日誌、自分で書くか。
今日のウンチは1回...


6月7日(木)【14日目】

主治医から、金曜日に血液検査と心臓エコーを再度行い、
引き続き結果がよければ土曜日に退院と言い渡される。
小躍りする。嬉しい。本当に嬉しい。
部屋も回復期の子ども達が入院する病室へ引っ越し。
プレイルームにも自由に遊びに行けるとのことでさっそく行くと、
すでに中で遊んでいた親子さん達に「こんにちは~!」と
元気よく声をかけてもらう。
名前だけ言い合って、お互いの病気については特に触れずだけど、
何となく、仲間意識的なものを感じたのは私だけかな。
お互いここまでがんばってきましたなあ、と心の中で。

病室に戻ると、看護師さんから「もうすぐピエロさんとクラウンさんが
遊びに来てくれるよ~」と。
小児病棟ならではなのかな、二人のピエロさんがベッドまで来てくれて、
手品を見せてくれたり風船をくれたり。コトコも嬉しそう。


6月9日(土)【16日目】

金曜日の検査結果も問題なかったので、晴れて退院となった。
久しぶりに談話室で家族5人が一緒になる。
コトコは嬉しくて嬉しくてたまらない様子で、テンションMAX。
しょうたろは意外にさらっと普通にコトコと接していた。そんなもんか。
この日も義母が駆けつけてくれる。
ちなみに私と義母は咳風邪、オットはコトコのベッドで体を小さくして寝る
生活が2週間続き腰痛と風邪、実家の母は重い重い胃腸風邪で自宅で寝込んでいる。
コトコも大変だったが、看病もえらいことであった。
お母さん、お義母さん、本当にありがとうございました。


今日から1週間、コトコは自宅で安静生活。
アスピリンを飲んでいるので、転んだりして出血すると血が止まらなくなり、
特に頭を強く打ったりして脳の中で出血した日には、、、
川崎病どころの騒ぎじゃなくなる。
気をつけて生活しなくては。



~入院中はバタバタして記録できず、結果的に過去を振り返りつつの記録と
なりました。タイムラグができてしまったため、ブログを読んで
「まだ入院中だよね?」と心配してメールしてきてくれた方、
ありがとうございました。そしてご心配かけましてすみません。
おかげさまで無事退院できました!~

スポンサーサイト

Appendix

お願い

37歳、愛知県在住。 仕事と育児に関する記録をつけています。 4歳の双子と1歳、3児の母です。

Author:ゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。