Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doweeen.blog115.fc2.com/tb.php/113-68a4b901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初めての本格的託児

昨日は双子サークルDAY。
初めは気軽に話せる人もいなくて割と孤独な感じでしたが、
今は仲良しさんもできて楽しく参加してます。
子ども達も、活動場所である広いホールに到着すると途端に
ワーーーッと四方八方に走り出して、誰かと追いかけっこしたり
消火器触ろうとしたり(←怒られる)窓の鉄格子ガンガン揺らしたり(←怒られる)
自分なりに楽しんでいるよう。


先日児童館主催のイベントに参加したとき、
双子サークルで一緒の双子ちゃんに偶然会ったのですが、
たくさんいる子ども達の中から真っ先にその双子ちゃんのところへ
向かっていったふたり。あれ?覚えてるのかな?実は他の子のことも
意識しているんだなあと気づきました。へえー。


昨日のサークルは、子ども達を託児サークルの皆さんに預け、
市内のファミレスにみんなでランチへ。
託児の部屋には20人ぐらいのベテランママさん達がカモーン!な状態で
待機していて、各自子どもをその部屋へ送っていきます。

入口付近で「もしかして今から預けられるのでは・・・」と雰囲気で気づき始める
子ども達。こういうときやたら鋭いのはなぜだ。
ギャーーーッ
阿鼻叫喚、逃げ惑い泣き叫び床に転がり全面拒否の姿勢を見せる子も。
それはそれはえらい騒ぎでした。

一方で、中には「今から託児ね、はいはいオッケー」みたいなノリで
スタスタと自ら部屋の中に歩いていく輩も割といて、
我が家のふたりもこのグループでした。
ていうかさー、私の方なんか振り返りもせず、
ガシガシおもちゃの山へと突進していったよ・・・

その後出発時間まで後ろ髪引かれまくりでストーカーまがいに2人の様子を観察するも、
まったくいつも通り、泣いてる友達の横でシラーッとトーマスで遊んでいました。
かあちゃんちょっとサミシイ。。。
あの人達にとって私の存在って。あの部屋での

母ちゃん<トーマス

の図式は間違いないです。


楽しいランチを終えて、再び託児室へ戻ると、
そこには1時間半泣き続け、全身汗と涙でぐしょぐしょ、
座っているカーペットにまあるいシミができているふたり組や、
号泣しすぎて2人揃って吐いてしまい着替え完了していたペア、
布団でスヤスヤ熟睡の子、など、いろんな子ども達がおりました。

うちはというと、やっぱり普通におもちゃで遊んでました。
私が満面の笑みで「しょーたろっ!コトコッ!帰ってきたよぅっ!」と
声をかけてもチラッと私の顔を見て「あ、」みたいな一言を言っただけで
またおもちゃに戻ってました。

うぅっ地味に傷つくこの瞬間。
他のみんなは感動の再会を果たして抱きしめ合ったりしてるぜ。
どの子も再び母に会えた喜びと緊張が解けた安心感で号泣してたりするのに。
しょうたろに至っては、私が来た=遊びを止めて帰らないといけない、と
わかったのか、
「帰らないようっ!」「もっと遊びたいようっ!」
私に激しく怒っておりました。

どんなんやねん。



CA3A0587-0001.jpg

CA3A0588-0001.jpg

帰宅後昼寝で熟睡のふたり。
私がいなくてさぞかし気を張っていたのね・・・(たぶん違う)



にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doweeen.blog115.fc2.com/tb.php/113-68a4b901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

お願い

37歳、愛知県在住。 仕事と育児に関する記録をつけています。 4歳の双子と1歳、3児の母です。

ゆき

Author:ゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。