Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doweeen.blog115.fc2.com/tb.php/128-8a2ad604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名古屋レトロでんしゃ館

三連休最後の日に、日進にある名古屋レトロでんしゃ館というところに
行ってきました。

名古屋市の地下鉄の古いモデルがそのまま展示されています。

CA3A0459_convert_20101012081408.jpg
↑これはアラフォーの私でもさすがに知らないけど

CA3A0460_convert_20101012081444.jpg
↑この黄色い地下鉄は乗ってた乗ってた~。懐かしいです。


HPで見ると何だか堅苦しそうなところですけど、実際は電車大好きなちびっ子達が
たーくさん来ている、なかなか楽しいところでした。

JRや新幹線やらが走る名古屋の町のジオラマがあったり
CA3A0461_convert_20101012081528.jpg
桃鉄?みたいな、バスや電車の運転ゲームがあったり。
私はアクセルとブレーキのタイミングが全然つかめず
100点中4点でした。まじめにやったのに。


名古屋市の市バスや電車というと、小2の頃に一人で市バスに乗って
図書館に本を返しにいったときのことを思い出します。
間違ったバス停で降りてしまったのか、完全に迷子になってしまい、
この世の終わりみたいな気持ちになったことをはっきり覚えてます。
公衆電話から家に電話して母親にどうすればいいか泣きながら聞くと
「タクシーつかまえて帰ってきなさい!」
一生懸命道路の脇で手をあげてタクシーをつかまえようとしましたが
小学生の子どものいたずらと相手にされず何台もスルー(涙)。
また泣きながら母に電話すると
「どこでもいいからお店に入ってそこがどこか聞きなさい!」
振り返ったら自転車屋さんがあったので、相当モジモジしながら
入っていくと、「どうしたの?」とそこのおじさんがニコニコ。

私、言葉にならずいきなり号泣。
おじさん、びっくり。

その後泣き止むまで椅子に座らせて待ってくれ、
迷子になって、ひっく、家はどこどこで、ひっく、と何とか説明すると、
店の軽トラで家まで送ってくれました。
無口で車の中でポツポツとしか会話しなかったけど、
優しいおじさんでした。

その後大学生になり車を運転するようになって、
ある日思い立って自転車屋さんを探しにいきました。
私にとってはかなり強烈な思い出で、
幼い頃の記憶と現実がリンクする瞬間にワクワクしながら車を走らせたけれど
そのお店は見つかりませんでした。
あのときは緊張と恥ずかしさとでうまくお礼を言えなかったから、
おじさんに今さらながらだけどお礼も言いたかった。
いつか行こう、いつか行こう、とずーっと大事に心に締まっていたので
お店が無くなっていてとても…ショックでした。


にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doweeen.blog115.fc2.com/tb.php/128-8a2ad604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

お願い

37歳、愛知県在住。 仕事と育児に関する記録をつけています。 4歳の双子と1歳、3児の母です。

ゆき

Author:ゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。