Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C300]

川崎病…チビが突発発疹で発熱した時、掛かりつけ医が、
「BCGの痕も目の充血もないから川崎病じゃないと思うけど…
 突発性発疹は発疹が出ないと確定できないので念のために血液検査しましょう」
って言ったんですよ。
私正直、「え?川崎病って公害病じゃないの?」っていう知識しかありませんでした。
今回ゆきさんの記事をずっと追って読んでて、ネットで調べたら
公害の川崎病とは全然別のこんな大変な病気だったなんて…と驚愕しました。
知らぬが仏とはよく言ったもんですよね。
あの時、念のためにと血液検査までした医師の対処に改めて納得しました(/_;)

>「お願いだから、か・え・ら・な・い・でっっっ!!!
おかーやん、お願いだから・・・一緒にコットンとねんねして・・・!!」
指を一本一本はがし、絶叫を無視する形で出てくる毎日。

うぉぉぉんっ…泣いてしまいましたよ切なすぎて…ことこちゃんっ…
お花とオヤツを託すしょうたろくんにも涙涙涙涙です。
もうね、泣き過ぎだな私(笑)

回復にどんどん向かってるようで今回の記事で安心しました。少しだけだけど…。
早く元気になってほしい。思いっきり笑ってほしい。走ってほしい。
しょうたろうくんとことこちゃんの元気な記事、待ってます。

ゆきさんも、ちゃんと食べて体力キープしてね!
宮城の空の下で回復祈ってるからね!

[C301] サイン

なんか胡散臭いタイトルになってますが、人間が生きていくのはこういうことなのかなと最近感じています。敵対するのでなく受け入れてやること。たしかに風邪ひとつかかっても嫌なんだけど、その前後には無理してる自分がいるのも事実なんですよね。自分はアトピーと小児喘息で幼少期を過ごしました。季節の変わり目やタバコの煙は完全にアウトでした。今もアトピーは残っています。心身充実しているときは気にならないですが、疲労が蓄積してくると赤み、痒みを伴います。まぁ心身共につかれた~ってサイン出しているんだなぁと最近割りきっています。
親が子に対してこんな風にはならないですが、成長と共に必ず強くなると思います。まだまだ安心出来る状態ではないと思いますが、子供自身も頑張っています。そのとき出来る最善と土台であるゆきさん自身の充実を。
バレーボールに関しては長くなりますが、そのうち書かせてもらいます!!カクゴシテクダサイマセ
  • 2012-06-12 18:20
  • バレーボーラー
  • URL
  • 編集

[C303] ユトさん

泣き過ぎに泣いてくれたユトさん、どうもありがとう、です(涙)。ユトJr.君のかかりつけの先生、丁寧でいいですね。川崎病は治療に取りかかるのが早ければ早いほど予後がいいものらしいので(その逆は深刻化)、少しでも疑いがある場合血液検査をしてもらうのがいいようです。でも目の充血や手足の発赤など割とわかりやすい症状がバーッと出るから気づきやすいみたいです。
でもこうしてネットで読みかじった知識はあるにはあったけど、実際はすごい痛みを伴うものなんだな、、、と恐ろしく感じました。
おかげさまで無事退院し、今は自宅療養中です。保育園が始まって日中は双子のいない生活に慣れた矢先に、再び前のような一日中一緒にいる生活で、元気になってくれたのはもちろん嬉しいけれど、(ひょっとして入院中より自宅療養の今の方がしんどいかも、私、、、)とこっそり思っている私なのでした。いやー保育園さまさまだわ!
  • 2012-06-17 02:57
  • ゆき
  • URL
  • 編集

[C304] バレーボーラさん

コメント読んでなるほどなあ、と考えさせられました。確かに全ては身体からのサインかもしれません。コトコは川崎病にかかる1ヶ月前からいろいろな不調が出てました。ちょうど保育園が始まったのと同じ時期で、たくさんの子どもや大人と過ごす生活が始まって様々なウイルスに感染しやすい状況となっただけでなく、疲れが少しずつ貯まっていたのでしょうね。毎日喘息のステロイド吸入をしていることの悪い方の影響も多少なりともあったのかもしれません。
バレーボーラーさんのように喘息とアトピーも体からのサインを上手に聞きながらつきあっていけるといいのですが。コトコにはこれからの課題かな。
成長とともに必ず強くなる、その言葉を頼りにがんばっていこうと思います!
  • 2012-06-17 03:14
  • ゆき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doweeen.blog115.fc2.com/tb.php/226-05449e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

川崎病 8日目~10日目

6月1日(金)【8日目】

これまでは、本人に首を動かす→激痛とインプットされてしまっていて
決して動かしたがらず、寝転ぶのも嫌がって日中はずっとベッドの上に
座ったままだった。
同じ体勢でずっといるせいか首以外にも肩や腕、頭の痛みも
時々出てきていて、眠ってしまえば楽になれるだろうから昼寝をさせたいのに、
寝転がれないため寝られなかった。

この日は朝病室に行くと、珍しく朝食後昼寝ができたようでご機嫌。
ベッドもかなり倒した状態で寝転べたそうで、驚き。嬉しい。
血液製剤は入院2日目に一度投与されただけで、後は抗生剤と
アスピリン服薬だけできているけれど、熱は以来平熱を保っているし、
何とか首の痛みも軽減されているようで、いい方向に向かっている実感が
少しずつ。


入院以来一度もコトコに会えていないしょうたろ。
時々病院には連れてくるが、小児病棟入口の扉から中には子どもは入れないので、
ガラス張りの扉に顔をつけて病棟の中をじっと見るだけ。
もちろん病室のコトコは見えない。
この日は「これ、コットンに渡して!」と駐車場のつつじをいくつか摘んでいた。
それから自分のおやつのチロルチョコも託される。ありがとね。

入院初日から、夜私が病室を出るときのバトルがものすごいことに。
首が痛くて満足に動けないし大きな声も出せないはずなのに、
私が帰り支度を始めると鬼の形相で歯を食いしばってベッドに立ち上がり、
柵の間から腕を伸ばして私にしがみつく。
「お願いだから、か・え・ら・な・い・でっっっ!!!
おかーやん、お願いだから・・・一緒にコットンとねんねして・・・!!」
指を一本一本はがし、絶叫を無視する形で出てくる毎日。
これが一番つらい。ごめん、でも夜は赤子がまだ何度も起きるから
家にいてやらないとだめなんだよ。。。



6月2日(土)【9日目】

小児科の部長先生の回診があり、2回目の血液検査の結果もまだ正常値までは
戻っていないがずいぶん回復してきているとのことで、
再来週には退院の見込みと言われる。
良くなっている!嬉しい。でも再来週か、、、長いなあ。

この日は珍しく、本当に珍しくしょうたろが自ら
「ひとりでばあばの家に泊まりにいく」と言い出した。
えっ!?おかーやんがいなくても大丈夫なの?夜泣いたりしない?
ひとりだよ?コットンいないんだよ?さみしくないの?
なぜか取り乱しつつ質問攻めの私。だって生まれてこのかた
私と離ればなれに過ごした夜は一日しかない。
私が胃腸風邪にかかった日、やむをえず。夜は泣きに泣いたそうだ。
それなのに、、、「大丈夫だよ!」。妙に自信満々。
後で理由を聞いてずっこける。
毎晩私の福耳な耳たぶをさわさわしながら眠りに落ちるしょうたろ。
実家の父の耳たぶは私の何倍もの大きさ。
しょうたろにはよだれものの耳たぶなのです。
「しょうくんね、夜はじいじのお耳さわりながら寝るの。
だからね、ぜんぜんさみしくないよ!」
どんだけ耳たぶ愛好家なんだ。ちょっときもいぞ。
でもこれで、週末もしょうたろのことを気にせずコトコについていてやれる。



6月3日(日)【10日目】

朝早く、しょうたろが泊まっている実家から連絡。
しょうたろ、40度の発熱、だそう。

・・・もう、なんだか、ほんとに呪われてるんじゃねーの、我が家。
一瞬全てが嫌になった。。。

結局40.9度まで上がりに上がり、じいじばあばがいろいろ計画してくれていた
遊びの予定をひとつも実行できないまま、送り返されてくる。とほ。
仕方ないね。前の晩はずっとご機嫌でいてくれたらしいし、
ちょっとがんばりすぎたのかな。
しかし熱が高い。
前にかかりつけ医でもらっていた解熱剤を飲ませようとするも号泣して拒否。
ジャムパンに混ぜて知らん顔して食べさせたら、あっさりバレて
咀嚼し終わったジャムパンをベッドに全てげー。
見てるこっちも、げー。
結局普通に水に溶いて飲んだ。なんだ、飲めるじゃんか。
しかし41度の体ってほんとに熱い。脇の下なんて、一瞬で
濡れタオルが生温くなってた。ふうふういいながら寝るしょうたろ、不憫。


スポンサーサイト

コメント

[C300]

川崎病…チビが突発発疹で発熱した時、掛かりつけ医が、
「BCGの痕も目の充血もないから川崎病じゃないと思うけど…
 突発性発疹は発疹が出ないと確定できないので念のために血液検査しましょう」
って言ったんですよ。
私正直、「え?川崎病って公害病じゃないの?」っていう知識しかありませんでした。
今回ゆきさんの記事をずっと追って読んでて、ネットで調べたら
公害の川崎病とは全然別のこんな大変な病気だったなんて…と驚愕しました。
知らぬが仏とはよく言ったもんですよね。
あの時、念のためにと血液検査までした医師の対処に改めて納得しました(/_;)

>「お願いだから、か・え・ら・な・い・でっっっ!!!
おかーやん、お願いだから・・・一緒にコットンとねんねして・・・!!」
指を一本一本はがし、絶叫を無視する形で出てくる毎日。

うぉぉぉんっ…泣いてしまいましたよ切なすぎて…ことこちゃんっ…
お花とオヤツを託すしょうたろくんにも涙涙涙涙です。
もうね、泣き過ぎだな私(笑)

回復にどんどん向かってるようで今回の記事で安心しました。少しだけだけど…。
早く元気になってほしい。思いっきり笑ってほしい。走ってほしい。
しょうたろうくんとことこちゃんの元気な記事、待ってます。

ゆきさんも、ちゃんと食べて体力キープしてね!
宮城の空の下で回復祈ってるからね!

[C301] サイン

なんか胡散臭いタイトルになってますが、人間が生きていくのはこういうことなのかなと最近感じています。敵対するのでなく受け入れてやること。たしかに風邪ひとつかかっても嫌なんだけど、その前後には無理してる自分がいるのも事実なんですよね。自分はアトピーと小児喘息で幼少期を過ごしました。季節の変わり目やタバコの煙は完全にアウトでした。今もアトピーは残っています。心身充実しているときは気にならないですが、疲労が蓄積してくると赤み、痒みを伴います。まぁ心身共につかれた~ってサイン出しているんだなぁと最近割りきっています。
親が子に対してこんな風にはならないですが、成長と共に必ず強くなると思います。まだまだ安心出来る状態ではないと思いますが、子供自身も頑張っています。そのとき出来る最善と土台であるゆきさん自身の充実を。
バレーボールに関しては長くなりますが、そのうち書かせてもらいます!!カクゴシテクダサイマセ
  • 2012-06-12 18:20
  • バレーボーラー
  • URL
  • 編集

[C303] ユトさん

泣き過ぎに泣いてくれたユトさん、どうもありがとう、です(涙)。ユトJr.君のかかりつけの先生、丁寧でいいですね。川崎病は治療に取りかかるのが早ければ早いほど予後がいいものらしいので(その逆は深刻化)、少しでも疑いがある場合血液検査をしてもらうのがいいようです。でも目の充血や手足の発赤など割とわかりやすい症状がバーッと出るから気づきやすいみたいです。
でもこうしてネットで読みかじった知識はあるにはあったけど、実際はすごい痛みを伴うものなんだな、、、と恐ろしく感じました。
おかげさまで無事退院し、今は自宅療養中です。保育園が始まって日中は双子のいない生活に慣れた矢先に、再び前のような一日中一緒にいる生活で、元気になってくれたのはもちろん嬉しいけれど、(ひょっとして入院中より自宅療養の今の方がしんどいかも、私、、、)とこっそり思っている私なのでした。いやー保育園さまさまだわ!
  • 2012-06-17 02:57
  • ゆき
  • URL
  • 編集

[C304] バレーボーラさん

コメント読んでなるほどなあ、と考えさせられました。確かに全ては身体からのサインかもしれません。コトコは川崎病にかかる1ヶ月前からいろいろな不調が出てました。ちょうど保育園が始まったのと同じ時期で、たくさんの子どもや大人と過ごす生活が始まって様々なウイルスに感染しやすい状況となっただけでなく、疲れが少しずつ貯まっていたのでしょうね。毎日喘息のステロイド吸入をしていることの悪い方の影響も多少なりともあったのかもしれません。
バレーボーラーさんのように喘息とアトピーも体からのサインを上手に聞きながらつきあっていけるといいのですが。コトコにはこれからの課題かな。
成長とともに必ず強くなる、その言葉を頼りにがんばっていこうと思います!
  • 2012-06-17 03:14
  • ゆき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doweeen.blog115.fc2.com/tb.php/226-05449e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

お願い

37歳、愛知県在住。 仕事と育児に関する記録をつけています。 4歳の双子と1歳、3児の母です。

ゆき

Author:ゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。