Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C322]

ああ、何てタイムリー!
そのうち記事にするかもしれないけど(しないかもだけど(笑))、
話の流れで、私もこの前うっかり、「おかあさんもそのうちおばあちゃんになって、
いつか死んじゃうんだよなー」なんて言っちゃって。
案の定、「おかあさん死んじゃうの?(震え声)…いやだぁぁぁ」って
なっちゃいました。ほんと、しまった!って思いました。
「まだまだ死なない!大丈夫!」でなんとか切り抜けたけど…。
いやぁ、「死」って難しいね。今後の課題だなぁって思います。(>_<)

[C323] ユトさん

やっぱりユトさんとこでも同じ話題出てましたか。きっと今までも普通にTVや絵本で「死」に関して触れていたのだろうけど、まだ幼くてひっかからなかったんでしょうね。それがここへ来て、「人って歳をとっておじいちゃんになったら、その後は・・・!?」って疑問が頭をもたげて来て、、、。それが4、5歳なんでしょうね。ほんと、今後の課題です。
  • 2013-03-25 05:11
  • ゆき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doweeen.blog115.fc2.com/tb.php/246-c1414f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワイン三昧

4月から三番目の幾子も保育園入園が決まっていて、
こんな小さいのに保育園に入れてしまうなんて、、、と
負のループをグルグルしてる2月、3月。
ちょっと弱気。いやかなり参っている。

いろいろしゃべるようになってきて可愛い盛り。
昼寝や夜の寝かしつけの際には、壁にもたれて座る私の太ももに
向かい合って座らせ、じーっと見つめ合いながら
私「いーくちゃん」
いくこ「あーやんっ(おかあさん)」
私「いーくちゃんっ」
いくこ「あーやんっ」
名前を呼び合うこと数分。
幾子が私の首に両手をまわし、ほっぺにチューをしてくれ、
私が彼女の頭をなでるとなで返してくれる。
そんな幸せな時間をふたりで楽しみながら、彼女は夢の中へ。

最近はこの時間が幸せすぎて、でももうすぐ彼女を荒波に放り出すのだと
思うと申し訳なくて泣きそうになってしまう。

でも、仕方ないのだ。
4月から私は働く。
いくこやコトコ、しょうたろには保育園でがんばってもらうしかない。
お迎えに行ったら絶対にぎゅーっと抱きしめてあげよう。
夕飯は週末に一週間分作り置きして冷凍しておき、
なるべく保育園後は家事をすることなく子ども達との時間を
過ごそう。


最近のコトコがこれまた切ないことの連続。
「いちばんどうぶつ、だあれ?」という本を読んであげた。
「一番足が速い動物は、、、チーター!」
「一番力持ちなのは、、、蟻!」
などと一番の動物を紹介する本。

「一番長生きなのは、、、150歳生きるガラパコスゾウガメ!」
150歳っていうのがピンとこないかなと思い、
いつも野菜をくれる裏の畑のおじいちゃんを引き合いに出してみた。
「このカメさんはねー、畑のおじいちゃんよりもーっともーっと
おじいちゃんになってもずっと長いこと元気で生きてるんだよー」
(今考えると非常に思慮に欠ける言い方。おじいちゃんごめん)

コトコ「・・・・・」
しばし無言。

コトコ「ねえ、おじいちゃんって、死んじゃうの?」
私「え、、、う、うん、そりゃあ誰だって人は最後には
  死んじゃうんだよ?」

コトコ「・・・うわーーーーーんっ!(号泣)」
   「じゃあ、じいじやばあばも死んじゃうの?
    こっとんも死んじゃうの?
    うわーーーーーーーんっ!!」

私「・・・・・」

人の死について、いとも簡単に、何の考えも思想もなく
子どもに「人は死ぬもんなんだよ」と伝えてしまった。
コトコは長いこと泣いていた。嫌だ嫌だと言って泣きじゃくっていた。
今後どうリカバリーしていけばいいんだろう。
私は人の死について彼女に語ってやる言葉を知らない。

コトコが咳をし出したので、喘息の発作が起きる前に手を打とうと
かかりつけ医に連れていった。
いつもなら子ども全員連れてだけど、オットが定時に帰って来てくれる
ということなので、しょうたろといくこを任せて二人でかかりつけ医へ。
子ども3人連れてだといつもカリカリイライラしてる私。
でもコトコ一人だけなら余裕だ。コトコと手をつないで病院に入り、
絵本をゆっくり読んでやり、また手をつないで処方箋薬局へ。
楽しい。こんなふうに余裕を持っていつも子育てしたい。

帰りの車でコトコが照れながら言った。
「こっとんねー、今日おかあやんとふたりでお出かけだったから、
ドキドキしちゃった!すっごく楽しかった!」

いつも外出のときは幾子優先のおかあやんだもんね。
ごめんね。
素直に気持ちを伝えてくれる彼女が愛おしい。


1月末に断乳し、毎週末はワインを一本空けている。
今夜もしかり。
ほろ酔いでいい気持ち。久しぶりにブログを書く気持ちになれた。


スポンサーサイト

コメント

[C322]

ああ、何てタイムリー!
そのうち記事にするかもしれないけど(しないかもだけど(笑))、
話の流れで、私もこの前うっかり、「おかあさんもそのうちおばあちゃんになって、
いつか死んじゃうんだよなー」なんて言っちゃって。
案の定、「おかあさん死んじゃうの?(震え声)…いやだぁぁぁ」って
なっちゃいました。ほんと、しまった!って思いました。
「まだまだ死なない!大丈夫!」でなんとか切り抜けたけど…。
いやぁ、「死」って難しいね。今後の課題だなぁって思います。(>_<)

[C323] ユトさん

やっぱりユトさんとこでも同じ話題出てましたか。きっと今までも普通にTVや絵本で「死」に関して触れていたのだろうけど、まだ幼くてひっかからなかったんでしょうね。それがここへ来て、「人って歳をとっておじいちゃんになったら、その後は・・・!?」って疑問が頭をもたげて来て、、、。それが4、5歳なんでしょうね。ほんと、今後の課題です。
  • 2013-03-25 05:11
  • ゆき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doweeen.blog115.fc2.com/tb.php/246-c1414f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

お願い

37歳、愛知県在住。 仕事と育児に関する記録をつけています。 4歳の双子と1歳、3児の母です。

Author:ゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。