Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C195] お久しぶりです!

こんばんは!
玉子さんが店番してた頃よくお邪魔してました変わった名字のN賀です。ブログ見て自分の幼き頃思い出しました。自分もグズグズで母親を困らせたものです。双子ちゃんにとっても成長するきっかけになったのではないでしょうか?罪悪感だけを覚える必要はないと思いますよ!
  • 2010-07-10 21:02
  • バレーボーラー
  • URL
  • 編集

[C196] i藤

そうかー毎日たいへんですね。

いろんな気持ちが沢山あって一言?じゃなくて十言でも言い表せないから
記憶として残す為の日記ですねーとっても大事な忘れちゃいけない日記だと思います。

分かりますよその気持ち
よーく分かりますとも
子育てしてる人ならきっと皆が共感してくれるから安心してくれなはれ。

みんな一緒だよ

家は怒っても笑って分かって無い時はちゃんと叩いてしかってるよ。
最初はちょっと抵抗もあったけど
こっちもしっかり叱ってあげないと良くないと思うし
子供にもしっかり分かって欲しくて
怒りに任せて叩くんじゃなくてしっかりと叱るようにしてる。

いいじゃんいいじゃんすっごく育児と育自が出来てて
立派なお母さんだと思うよ。

ちなみにたまに家の嫁にもこのブログ見せるけど
結構けがいいよ!

[C197] ご無沙汰です

お久しぶりです!

まさに子育て奮闘中ですね。
大変失礼かもしれませんが、うちの嫁さんのことを思い出して笑ってしまいました。
うちの嫁さんが、以前、ゆきさんと同じような行動をとったことがあります。

うちの嫁さんの場合は、姉妹二人の歯磨きを苦労して終わらせた後、寝室に寝かせつけに行ってしばらくすると、なんだか訳のわからないことを大声で言いながら寝室から飛び出してきて、そのまま家を出ていってしまいました。

私はその時リビングで家を出て行く嫁さんをポカ~ンと見ていましたが、しばらくして寝室から子供たちの泣き声が聞こえてきたので、あわてて二人をあやしに寝室へ。

嫁さんは外で頭を冷やして30分~1時間ほどで帰ってきましたが、話を聞くと二人があまりにもふざけて眠らないことにキレたみたいでした。そんなこと毎日のことなのに・・・と思いましたが、結構ストレスたまってたんでしょうね。

今では歯磨き、寝かせつけは私がやってます(笑

叱ったあとは「ごめんね~」って気持ちになりますよね。

[C198]

大丈夫、ゆきさん。
私も過去、一度ブチ切れて、リビングから階段かけ上って
2階の寝室に閉じこもった事あります。しかも内側から鍵かけて。(笑)
いやー、チビはさすがにグチャグチャのおお泣きでした。
でもね、力任せに、感情の赴くままに、ともすれば、
吹っ飛ぶほど張り倒してしまいそうな怒りの張り手をかますよりは、
そういう感情の逃がし方した方がお互い安全だし…って思いました。ww

母親だって人間だもの。(相田みつお)(笑)

でもやっぱ後で大人げないよな私、とか、
猛烈に落ち込んだりしたっけな。(笑)

でもさ、きっとそうやってお互い距離間図っていくんだよね。
ここまでは許される、とかさ。
親子といえども違う人格もった人間同士だもんね。
私も日々精進だよなーって思う。

[C199] バレーボーラーさん

N賀さん、ご無沙汰しております!お元気ですか?お仕事やバレーボール、ビリヤードで相変わらずお忙しくも充実した日々をお過ごしなんでしょうか。コメントありがとうございました。うちの子達もN賀さんみたいに立派に育ってくれたらねーなどと考えてしまう私、何だかすっかり目線がオバチャンです(笑)そんなN賀さんも幼い頃はお母様をグズグズで困らせていたのですか、、、子どもってそんなものですよね!励ましありがとうございました。
  • 2010-07-13 00:41
  • ゆき
  • URL
  • 編集

[C200] i藤さん

i藤さんのコメントにあるみたいに、「そうかー」とか、「いいじゃんいいじゃん」とか、「よーく分かりますとも」なんていう言葉が妙に妙に嬉しくてじんわりしてしまいます。過去の日記を読み返してみると忘れてることが本当に多くてブログは良い記録になるなーなんて思う半面、誰かに共感してもらったりだいじょーぶさーなんて言ってもらいたくて書いてるのかもしれない。。。とi藤さんのコメントを読んで思いました。それぐらい育児って実は自分との葛藤だと思います。
i藤さんちのJr君は大きくなったのでしょうね。良きパパを持つ幸せboyですねー。
  • 2010-07-13 00:48
  • ゆき
  • URL
  • 編集

[C201] イロナスさん

ご無沙汰しております。今日のイロナスさんのブログを拝見してあったかい気分にさせてもらいました。そんなイロナス家でもまさに同じようなことが過去あったのですね。奥様が何だか訳の分からないことを大声で言いながら寝室を飛び出していった。。。何だか訳の分からないことを大声で言いながらというところが猛烈に好きです(笑)。そのときの奥様の気持ち、泣けるほどよくわかります。今の私にとっては大きな事件ですが、将来イロナスさんのように懐かしいと笑って思い出せる日がくるのかな。そう思うとその日が楽しみになってきました。
  • 2010-07-13 00:55
  • ゆき
  • URL
  • 編集

[C202] ユトさん

おぉ、イヤイヤ期を共に戦う同志よ(笑)、いつも励ましのコメントを感謝しますぜ。ユトさんも寝室篭城経験ありでしたか。寝室に鍵がついてるってところにちょっとジェラシーでしたが(笑)(何せ二人掛かりでドアを開けようとされて必死で押さえていた私)、ああいうときって、とにかく目の前の暴れん坊から離れたい!どっかに消えてしまいたい!とか思うんですよね。でも相手はたかだか2年しか生きてない若造、こちとら人生経験30ウン年の大ベテラン、そりゃあ逃げ出しちゃだめだよ。。。とかすぐに反省して。こんな一つ一つの事件も母親としての経験値にプラスしていきたいものですね。
  • 2010-07-13 01:04
  • ゆき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doweeen.blog115.fc2.com/tb.php/95-24da9fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ずっと覚えていたいある夜のこと

2、3日前のできごと。
忘れたくないので書いておこう。


この日オットは帰りが遅いとあらかじめわかっていたので、
寝かしつけまで私ひとりでやることに。
なかなか集中が続かずいつも一苦労の夕食を済ませ、
お風呂後いつも裸で逃げ回る2人を同じく裸で追い回して
何とかパジャマを着せるというドタバタな寸劇を終え、、、
あとは歯磨きだけ。
一日ずーっと子ども達を見てきて、すでに精神的肉体的疲労はピーク。
でも毎回毎回歯磨きを猛烈に嫌がるので、時には号泣するのを無理矢理
羽交い締めにして磨いたりと一日の最後に一番の肉体労働。

私の怒りは歯磨き前のしょうたろのいたずらが布石だった。
牛乳飲みたいと言うのでコップを渡したら、
わざとパジャマに大量にこぼしてニヤリと笑いながら
「びちゃびちゃ~!」

ブチッ 

必死に怒りを抑えながらパジャマを着替えさせ、
そのまま歯磨きに突入、
のはずが、しょうたろ、
「はみぁき、ないよっ!!!」(歯磨きなんてしないっ!の意)と言いながら
いきなり私の顔の真ん中をバチンと平手打ち。

いたいっ!!何すんじゃこんにゃろー!!
ブチブチブチブチッ 


確かそのとき、コトコもぐだぐだしていたんだろうけど
怒りで覚えておりませぬ。

とにかくたくさん血管切れて(イメージ)、あやうくボカッと
しょうたろの頭をはたきそうになった自分の手を何とかおさめ、
でももう無理、こいつら絶対無理ーーっ!と思って

「もう知らないよっ!じゃあねっ!!!」

と怒鳴りつけてダンダンダンッと足音を立てて威嚇しながら
リビングを飛び出て寝室にたてこもってやりました。
大人げない?なんとでもいってくれー
あたしゃ一日の疲れとか顔面の痛さとか子どもらのめんどくささ(言っちゃった)
にもうどうにもこうにも我慢ならなかったのだよーーーっ


しかし、寝室にてドアを外から開けられないように中で押さえていると
(→結構かっこわるい)
すぐにふたりがドタドタと走ってきて、一生懸命ドアを開けようとしながら
「おかーしゃーーんっ おかーーしゃーーーーんっ」
と叫びながら泣いております。
私のただならぬ様子にさすがに何か気づいたか。

1、2分して、無言でドアを開けました。
わぁぁぁぁっと泣きながらなだれこんでくる2人。
そしてここからが驚愕のシーン。
まずしょうたろ、無言の私の前に来て、おもむろに
ごろんとあおむけに転がった。
これはまさかの「歯、磨いてください」ポーズ?
慌てて歯ブラシを取りに戻ると、口をパカッと開ける彼。
な、なんと。。。

こんなにスムーズに磨かせてくれたことないよってぐらい
シャカシャカシャカシャカたっぷり磨くことができた。
そして歯磨きが終わると彼、
神妙な顔つきで私の顔を下から覗き込んで

「おかーしゃん、ごめんね」

ぬぉーーーーー
そうきたかーーー


そして打ち合わせしてたのか何なのか、
コトコも全く同じことしました。
歯磨いてくださいポーズ→口ぱかっ→「おかーしゃん、ごめんね」


最近寝る前に何冊も本を読んでやらないと
「ほんっ!みるっ!!」と言って2人とも猛抗議してうるさいのですが
今日は歯磨き後すぐに寝室の電気を消してみました。
一言の抗議もなく、静かに布団に転がるふたり。ありえねー

そしてしょうたろは「おかーしゃん、おかーしゃん」とずっと言いながら
添い寝する私の腕やらおなかの上でごろごろ転がっていました
(これはいつもの行動)

コトコは静かだなー、と思って暗闇の中目をこらしてみると、
少し離れたところで横になりながら私の顔をじっと見つめている彼女が。
思わず手を差し出すと、ギュッと握り返してきた。
そして、嬉しそうに二コーッと笑うと

おかーやん、あくしゅっ

とつぶやいていた。
思わずごめんね、と謝った。
寝室にとじこもるのはこれっきりにしよう。。。




その後、暗闇からコトコのでたらめな鼻歌が聞こえてきて
ずっこけました


もっと、ほしいのぉぉぉ
もっと、ほしいのぉぉぉ
もっとぉぉぉ
ほしいのよぉーーー


間違っても外で歌っちゃだめだよっ!


スポンサーサイト

コメント

[C195] お久しぶりです!

こんばんは!
玉子さんが店番してた頃よくお邪魔してました変わった名字のN賀です。ブログ見て自分の幼き頃思い出しました。自分もグズグズで母親を困らせたものです。双子ちゃんにとっても成長するきっかけになったのではないでしょうか?罪悪感だけを覚える必要はないと思いますよ!
  • 2010-07-10 21:02
  • バレーボーラー
  • URL
  • 編集

[C196] i藤

そうかー毎日たいへんですね。

いろんな気持ちが沢山あって一言?じゃなくて十言でも言い表せないから
記憶として残す為の日記ですねーとっても大事な忘れちゃいけない日記だと思います。

分かりますよその気持ち
よーく分かりますとも
子育てしてる人ならきっと皆が共感してくれるから安心してくれなはれ。

みんな一緒だよ

家は怒っても笑って分かって無い時はちゃんと叩いてしかってるよ。
最初はちょっと抵抗もあったけど
こっちもしっかり叱ってあげないと良くないと思うし
子供にもしっかり分かって欲しくて
怒りに任せて叩くんじゃなくてしっかりと叱るようにしてる。

いいじゃんいいじゃんすっごく育児と育自が出来てて
立派なお母さんだと思うよ。

ちなみにたまに家の嫁にもこのブログ見せるけど
結構けがいいよ!

[C197] ご無沙汰です

お久しぶりです!

まさに子育て奮闘中ですね。
大変失礼かもしれませんが、うちの嫁さんのことを思い出して笑ってしまいました。
うちの嫁さんが、以前、ゆきさんと同じような行動をとったことがあります。

うちの嫁さんの場合は、姉妹二人の歯磨きを苦労して終わらせた後、寝室に寝かせつけに行ってしばらくすると、なんだか訳のわからないことを大声で言いながら寝室から飛び出してきて、そのまま家を出ていってしまいました。

私はその時リビングで家を出て行く嫁さんをポカ~ンと見ていましたが、しばらくして寝室から子供たちの泣き声が聞こえてきたので、あわてて二人をあやしに寝室へ。

嫁さんは外で頭を冷やして30分~1時間ほどで帰ってきましたが、話を聞くと二人があまりにもふざけて眠らないことにキレたみたいでした。そんなこと毎日のことなのに・・・と思いましたが、結構ストレスたまってたんでしょうね。

今では歯磨き、寝かせつけは私がやってます(笑

叱ったあとは「ごめんね~」って気持ちになりますよね。

[C198]

大丈夫、ゆきさん。
私も過去、一度ブチ切れて、リビングから階段かけ上って
2階の寝室に閉じこもった事あります。しかも内側から鍵かけて。(笑)
いやー、チビはさすがにグチャグチャのおお泣きでした。
でもね、力任せに、感情の赴くままに、ともすれば、
吹っ飛ぶほど張り倒してしまいそうな怒りの張り手をかますよりは、
そういう感情の逃がし方した方がお互い安全だし…って思いました。ww

母親だって人間だもの。(相田みつお)(笑)

でもやっぱ後で大人げないよな私、とか、
猛烈に落ち込んだりしたっけな。(笑)

でもさ、きっとそうやってお互い距離間図っていくんだよね。
ここまでは許される、とかさ。
親子といえども違う人格もった人間同士だもんね。
私も日々精進だよなーって思う。

[C199] バレーボーラーさん

N賀さん、ご無沙汰しております!お元気ですか?お仕事やバレーボール、ビリヤードで相変わらずお忙しくも充実した日々をお過ごしなんでしょうか。コメントありがとうございました。うちの子達もN賀さんみたいに立派に育ってくれたらねーなどと考えてしまう私、何だかすっかり目線がオバチャンです(笑)そんなN賀さんも幼い頃はお母様をグズグズで困らせていたのですか、、、子どもってそんなものですよね!励ましありがとうございました。
  • 2010-07-13 00:41
  • ゆき
  • URL
  • 編集

[C200] i藤さん

i藤さんのコメントにあるみたいに、「そうかー」とか、「いいじゃんいいじゃん」とか、「よーく分かりますとも」なんていう言葉が妙に妙に嬉しくてじんわりしてしまいます。過去の日記を読み返してみると忘れてることが本当に多くてブログは良い記録になるなーなんて思う半面、誰かに共感してもらったりだいじょーぶさーなんて言ってもらいたくて書いてるのかもしれない。。。とi藤さんのコメントを読んで思いました。それぐらい育児って実は自分との葛藤だと思います。
i藤さんちのJr君は大きくなったのでしょうね。良きパパを持つ幸せboyですねー。
  • 2010-07-13 00:48
  • ゆき
  • URL
  • 編集

[C201] イロナスさん

ご無沙汰しております。今日のイロナスさんのブログを拝見してあったかい気分にさせてもらいました。そんなイロナス家でもまさに同じようなことが過去あったのですね。奥様が何だか訳の分からないことを大声で言いながら寝室を飛び出していった。。。何だか訳の分からないことを大声で言いながらというところが猛烈に好きです(笑)。そのときの奥様の気持ち、泣けるほどよくわかります。今の私にとっては大きな事件ですが、将来イロナスさんのように懐かしいと笑って思い出せる日がくるのかな。そう思うとその日が楽しみになってきました。
  • 2010-07-13 00:55
  • ゆき
  • URL
  • 編集

[C202] ユトさん

おぉ、イヤイヤ期を共に戦う同志よ(笑)、いつも励ましのコメントを感謝しますぜ。ユトさんも寝室篭城経験ありでしたか。寝室に鍵がついてるってところにちょっとジェラシーでしたが(笑)(何せ二人掛かりでドアを開けようとされて必死で押さえていた私)、ああいうときって、とにかく目の前の暴れん坊から離れたい!どっかに消えてしまいたい!とか思うんですよね。でも相手はたかだか2年しか生きてない若造、こちとら人生経験30ウン年の大ベテラン、そりゃあ逃げ出しちゃだめだよ。。。とかすぐに反省して。こんな一つ一つの事件も母親としての経験値にプラスしていきたいものですね。
  • 2010-07-13 01:04
  • ゆき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://doweeen.blog115.fc2.com/tb.php/95-24da9fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

お願い

37歳、愛知県在住。 仕事と育児に関する記録をつけています。 4歳の双子と1歳、3児の母です。

ゆき

Author:ゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。